妊娠中におすすめの葉酸サプリメント

葉酸サプリメントとは?

妊娠初期に一定量の葉酸を摂取していないと、お腹の赤ちゃんに障害が発症するリスクを上げることになってしまいます。これは厚生労働省が公に発信していることで、科学的根拠がある確かな情報です。

 

葉酸で赤ちゃんの障害リスクを下げる

葉酸はビタミンB群のなかのひとつの栄養素であり、細胞分裂に大きな役割を果たす栄養素です。葉酸が欠けてしまうことで、妊娠初期の胎児の細胞分裂が適切に行われず、神経管閉鎖障害という先天性の奇形が発症してしまうことがあります。

 

この障害のリスクを抑制するためには、日々一定量の葉酸を摂取することが必要になります。

 

具体的には、妊娠の1ヶ月前から妊娠後3ヵ月の間に日々0.4mgの葉酸を摂ることです。この妊娠初期において推奨されている葉酸の摂取量は成人女性が1日に摂取するとされている葉酸の2倍の量となります。

 

葉酸はサプリメントで摂る

この量の量産を日々確実に摂取するためには、サプリメントを利用するのが効率的です。厚生労働省が発信している情報やその根拠となる医学研究においても、サプリメントによる葉酸の摂取が前提となっています。

 

食事から必要な量の葉酸の摂取が難しい時は、無理をせずに葉酸サプリメントを利用しましょう。

 

サプリメントは医薬品と違い、それぞれの商品において規格や品質が一定ではありません。

 

このサイトでは、妊婦さんにおすすめできる葉酸サプリメントでネットで手軽に購入できるものを中心におすすめしています。興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

葉酸の効果と必要性

葉酸という栄養素は妊活中の女性や妊娠初期の女性にとって非常に大切な栄養素です。

 

この時期の女性に必要とされる量の葉酸をきっちりと摂取することによって、お腹の赤ちゃんに神経管閉鎖障害という先天性の奇形が発症するリスクを減らすことができるためです。

 

神経管閉鎖障害の発症リスクを低くする

神経管閉鎖障害というのは、妊娠してごく初期の赤ちゃんの細胞分裂に異常が起こってしまうものです。脳や脊髄の形成に奇形が生じてしまう症状のことですね。

 

お腹の赤ちゃんが神経管閉鎖障害になってしまうと、長い期間にわたるリハビリや治療が必要になったり、最悪の場合は流産になってしまったりととにかく大変です。

 

この障害が発症するのを避けるために必要なのが葉酸です。葉酸は人の体内に取り込まれることによって、細胞分裂を手助けする働きをします。これは赤ちゃんの細胞分裂に関しても同じです。

 

葉酸を妊婦さんがしっかりと摂取することによって、お腹の赤ちゃんの細胞分裂が正しく行われるようになり、結果として神経管閉鎖障害を未然に防ぐことが出来るというわけですね。

 

世界が葉酸の効果を認めている

この葉酸の働きは、たくさんの医学研究が効果を証明しているものです。そして、日本のみならず、世界各国の政府が国として公式に妊婦さん向けに葉酸摂取の大切さに関しての情報発信を行っています。

 

参考までに、以下に各国の対応をご紹介します。

 

日本:
妊娠を計画している女性に対して、1日に0.4mgの葉酸を食事やサプリメントを通じて摂取することを勧告している

 

アメリカ:
妊娠が可能な年齢の全ての女性に対して、1日に0.4mgの葉酸を食品やサプリメントを通じて摂取することを勧告している

 

イギリス:
妊娠を計画している女性に対して、1日に0.4mg以上の葉酸を食品や葉酸強化食品、サプリメントから摂取することを勧告している

 

カナダ:
妊娠を計画している女性に対して、1日に0.4mgから0.8mg以上の葉酸をサプリメントを通じて摂取することを勧告している

 

オーストラリア:
妊娠しそうな女性に対して、1日に0.5mg以上の葉酸を食品およびサプリメントから摂取することを勧告している

 

ニュージーランド:
妊娠を計画している女性に対して、1日に0.5mgの葉酸を錠剤を通じて摂取することを勧告している

 

中国:
妊娠を計画している女性に対して、1日に0.4mg以上の葉酸をサプリメントを通じて摂取することを勧告している

 

勧告という言葉を使っていることからも、各国政府が妊婦への葉酸の摂取に対して本腰を入れていることが分かりますよね。

 

妊娠初期の女性が葉酸サプリメントを摂取することは、もはやグローバルスタンダードになりつつあると言っても良いのではないでしょうか。

葉酸を食事で摂ることの大変さと莫大なコスト

日本を含めた各国の政府の公式見解として、葉酸はサプリメントを通じて摂取することが推奨されています。

 

他でもない国家が医薬品でもない健康補助食品であるサプリメントをが公式におすすめすることに違和感を感じる方もいるかもしれません。

 

特にアメリカをはじめとする欧米諸国ほどサプリメント文化が食卓に浸透していない日本においてはそう感じますよね。なぜ葉酸はサプリメントでの摂取なのでしょうか。

 

サプリメントは出来れば使いたくないもの

サプリメントは医薬品などと違って、国による規制などもあいまいです。そのため、効果が未知数な部分もあり、またメーカーによって品質にもバラつきがあったりします。

 

サプリメントの広告などでも、必ずといって良いほどに、「効果は個人の感想であり、個人差があります」といった文言が記されていますよね。

 

言うまでもなく、サプリメントを使わないで済むならばそれに越したことはありません。普段の食事から葉酸を十分にまかなうことが出来るならば、それがベストでしょう。

 

しかし、それにも関わらず、日本の厚生労働省に代表される各国の政府が公式にサプリメントを推す理由は、「食事のみでは十分量の葉酸の摂取が困難であるから」ということに他なりません。

 

普段の食事から必要な葉酸を摂取するには

日本を含む多くの国において妊娠を計画している女性に対して求められる葉酸の摂取量は、1日にだいたい0.4mgです。この量を食事で摂るとなるとどれぐらいの量を食べなきゃいけないか想像してみましょう。

 

葉酸は、「葉」という文字が使用されていることからも分かるように、緑黄色野菜などに多く含まれる栄養成分です。代表的なものとしてはほうれん草ですね。100gのほうれん草にはだいたい0.2mgの葉酸が含まれているとされています。

 

ほうれん草一束がだいたい200gぐらいなので、毎日ほうれん草一束を食べていれば妊娠を計画している女性に必要な葉酸を摂ることが出来るように思います。

 

これだけならば、なんとかなるように感じますよね。日々、ほうれん草を一束ぐらいなら、茹でたりすることでなんとか食べれるような気がします。しかし、実際のところはそんな単純ではないのです。

 

食事からの葉酸摂取は効率が悪い

まず、葉酸は水溶性のビタミンの一種であるために、調理の過程によって多くが消失してしまいます。ほうれん草に関しては、5分茹でることによって、60%以上の葉酸が損失してしまうようですね。つまり、ほうれん草ひと束200gを茹でると、葉酸の含有量は、多く見積もっても、0.16mgになってしまうということです。

 

そして、食品中の葉酸はいざ体内に取り込まれても、消化吸収の過程によって、その50%はやはり失われてしまいます。茹でて0.16mgの葉酸量となったほうれん草を食べると、身体に取り込まれるのは、0.08mgになるということですね。

 

以上のことをまとめると、茹でたほうれん草から妊娠を計画している女性に必要な葉酸の量である0.4mgを摂取するには、実に1000g、つまり1kgのほうれん草を食べなきゃならない計算になります。日々、茹でた1kgのほうれん草を食べるというのは、いくら大食漢であろうと現実的ではないですよね。

 

もちろん、ここまで単純な話でもないですが、日々の食事から0.4mgの葉酸を確保するのがどれだけ大変なことかというのが分かってもらえると思います。

 

サプリメントなら簡単に葉酸を摂取できる

このような状況にて役に立つのがサプリメントです。サプリメントとして凝縮してある葉酸は、ほうれん草に含まれている葉酸と違って、調理過程による損失はもちろんありません。錠剤やタブレットを飲むだけですからね。

 

そして、栄養素としての葉酸が凝縮してあるために、体内における消化吸収の過程における損失も10%程度とされています。

 

したがって、同じ0.4mgの葉酸を摂取しようと思っても、葉酸サプリメントを利用すれば、錠剤やタブレットを2、3個飲むだけです。

 

1kgの茹でたほうれん草を食べることの苦労を考えれば、このサプリメントの手軽さには驚異的なものがありますよね。

 

サプリメントという未知の食品にはもちろん内在するリスクもありますが、それを差し引いても、サプリメントで葉酸を摂取したほうが良いと日本の厚生労働省をはじめ各国政府は判断しているということです。

 

どうしても人工的に加工した栄養成分を含むサプリメントは口にしたくない。そのような強い信念があるような人以外は、とりあえず葉酸サプリメントを利用するほうが得られるものが多いと思います。

 

葉酸サプリメントはいつからいつまで飲む?

結論から先に述べてしまうと、女性が葉酸を意識的に摂取したほうがよい時期というのは、妊娠の1ヵ月前から妊娠後3ヶ月目までです。

 

この期間にに1日に0.4mgの葉酸を継続的に摂取することが、神経管閉鎖障害のリスクを抑えるために必要となります。これは厚生労働省が公式に発信している情報です。

 

ここで注目するべきなのは、期間が妊娠の1ヵ月前からとなっていることですね。いつ妊娠するかというのは事前に分かることではありません。今の自分が妊娠の1ヵ月前の状態にある。

 

そんなことなんて、誰も分かりませんよね。なので、妊娠を計画している女性や妊娠の可能性が少なからずある女性は、葉酸サプリメントの摂取を考えたほうが良いということになります。

 

妊娠が発覚してからでは遅すぎる

また、多くの女性が誤解していることに、「葉酸の摂取は妊娠が発覚してから始める」というものがあります。しかし、多くの場合において、妊娠が発覚するのは、2ヶ月目ぐらいです。これでは遅すぎるということです。

 

妊娠していた!⇒葉酸サプリを飲もう!

 

これでは葉酸サプリの本来の効果が薄れてしまいます。

 

神経管閉鎖障害が発症するかどうかは妊娠後28日後ぐらいまでの間に決まるとされています。この時期に葉酸が必要になるのです。

 

なので、妊娠が発覚してからでは、まったくの無駄ということはもちろんありませんが、本来期待できるほどの障害のリスク低減の効果はなくなってしまうでしょう。

 

妊娠する可能性がある女性は葉酸サプリメントを

厚生労働省の情報発信において、妊娠の1ヵ月前からの葉酸サプリメントの摂取を勧告しているのも、これが理由と思われます。「妊娠する可能性があるな」と感じる時期から葉酸サプリメントを使い始め、妊娠したその瞬間には体内に十分な葉酸が吸収されているのが理想的となります。

 

パートナーと家族計画を相談しており、将来的に妊娠の可能性がある女性に関しては、すぐに葉酸サプリメントを飲み始めることをおすすめします。

 

そして、妊娠後3ヶ月目を迎えるまでは葉酸サプリメントの使用を続け、日々0.4mgの葉酸を確実に身体に摂り込むようにしましょう。

 

そうすることで、神経管閉鎖障害という胎児への障害のリスクを最小限に留めることができます。

 

葉酸に妊娠促進効果は期待できない

余談になりますが、この妊娠の1ヵ月前、妊娠を計画している時期から葉酸サプリメントを飲むという厚生労働省の発表を曲解し、葉酸サプリメントを飲むことで姙娠しやすくなると間違った認識をしている方がいます。

 

葉酸サプリメントを飲んだからといって、妊娠しやすくなるということはまずありません。

 

あくまで、妊娠したごく初期に葉酸が体内に十分に満たされている状態しておいて、神経管閉鎖障害の発症リスクを低くするためです。ここを間違えてとらえないようにしましょう。

 

葉酸サプリの飲み方次第では副作用もありえる?

妊娠の1ヵ月前から妊娠後3ヵ月目までは、日々0.4mgの葉酸を摂取する必要があります。

 

この量は、成人女性が摂取する葉酸の2倍ちかい量となります。普段の食事で摂取するのは難しく、葉酸サプリメントを利用しなければ達することはできない量でしょう。

 

飲めば飲むほど良いわけではない

しかし、ここで注意しなければいけないことは、だからといって葉酸サプリメントを過剰に摂取してはいけないということです。葉酸サプリメントを過剰摂取した場合には、副作用がでてしまうこともあります。

 

必要以上に葉酸サプリメントを飲んだからといって、飲めば飲むほどお腹の赤ちゃんの障害のリスクが下がるというわけではないことを理解しましょう。過剰摂取によって、逆にお腹の赤ちゃんに別の健康のリスクを追わせる結果になることも十分にありえることです。

 

厚生労働省の発表によれば、1日にサプリメントで摂取する葉酸の量は1.0mgまでとされています。サプリメントの容器に記載されている葉酸の含有量をチェックし、1日の葉酸の摂取量を0.4mgから1.0mgまでの間に留めるようにしましょう。

 

昨日飲み忘れた分を今日まとめて飲む、などは過剰摂取につながるので避けるべき行為です。

 

ビタミンB12欠乏症の診断ができなくなる

葉酸の過剰摂取による副作用の代表的なものとしては、ビタミンB12欠乏症の診断を困難にしてしまうというものがあります。

 

ビタミンB12欠乏症とは、貧血、疲労、食欲不振の症状をともなうものです。悪化することで、手足のしびれなどの神経系の症状もでてくる危険なものです。

 

このビタミンB12欠乏症は、多くの場合、貧血の症状によって発覚します。しかし、このビタミンB12が欠乏することによって発症する貧血の症状は、葉酸の過剰摂取により表面的には改善されてしまいます。

 

そのために、いつまでたってもビタミンB12欠乏症を患っていることに気づかず、神経系の症状のみが悪化してしまうといったことがあるようです。

 

妊婦となった女性は、何かと体調の変化にみまわれやすく、ビタミンB12が欠乏状態に陥ってしまうことも珍しくはありません。

 

そのような時期に葉酸の過剰摂取が続いてしまうと、ビタミンB12欠乏症が悪化し、自分の身のみならず、お腹の赤ちゃんの健康にまで被害が及んでしまうことになります。

 

このような葉酸の過剰摂取による副作用のリスクを避けるためにも、厚生労働省の指針を参考に、日々のサプリメントによる葉酸の摂取は、0.4mgから1.0mgの範囲に抑えるようにしましょう。

 

葉酸サプリメントはネット通販での入手がおすすめ!

ここまで述べてきたように、妊娠を計画している女性はすぐにでも葉酸サプリメントの適切な使用を始める必要があります。

 

ここで大事になってくるのがどのメーカーが製造した葉酸サプリメントを使うかということです。

 

ドラックストアにいけば、複数のメーカーの葉酸サプリメントが置いてあるのが普通です。

 

また、ネット通販を利用すればドラックストアにある大手メーカーだけでなく、より知名度の低いメーカーのサプリメントもあります。

 

葉酸サプリメントを選ぶ際のチェックポイント

このページの冒頭あたりでも述べたことですが、サプリメントは医薬品と違い、明確な品質基準や規約などがあるわけではありません。

 

そのため、どのメーカーの葉酸サプリメント製品を選ぶかが重要になってきます。参考として、葉酸サプリメントを選ぶ際にチェックするべき項目を列挙してみます。

 

  • 厚生労働省が勧告している1日の葉酸の摂取量(0.4mgから1.0mg)を問題なくクリアできるもの
  • 食事に含まれる葉酸とは違い、身体に吸収しやすいように加工されている葉酸を使用しているもの
  • 葉酸以外にも妊活中の女性や妊婦さんに必要な栄養素を補うことの出来るもの
  • 母体やお腹の赤ちゃんに有害な化学物質や添加物を徹底的に排除しているもの

 

どれも納得のいく項目だと思います。ただ、自分で葉酸サプリメントを選ぶときに、いちいちこれらの品質基準をチェックするのはなかなかに面倒なことです。

 

特に、サプリメントの購入・使用に慣れていない方にとっては大変な作業となるでしょう。

 

場合によっては、品質の悪いサプリメントに手を出してしまい、そのせいで体調を崩すなんてことにもつながりかねません。

 

葉酸サプリメントはネット通販で

そんな方におすすめの葉酸サプリメントの選び方としては、ずばりネット通販を利用するというものです。

 

ネット通販では、既に述べたように、ドラックストアにあるような大手メーカーの商品以外にも、よりマイナーなメーカーの商品にもアクセスすることができます。

 

大手メーカーはどうしても、薄利多売をしなければならないために、品質をケチらなければならないなんてこともあるみたいです。

 

一方、一部のマイナーなメーカーでは、そんな大手メーカーの商品と差異化するために、品質に徹底的にこだわっていたりします。

 

狙うべきは、そのような品質を徹底的に重視したメーカーによる葉酸サプリメントです。妊婦さんが使用するのに特化し、母体とお腹の赤ちゃんのことを徹底的に考えて製造されている良心的な商品を見つけるようにしましょう。

 

ネット上には多くの商品を実体験してのレビューもアップされているので、それらを参考にしてみるのも良いかもしれません。

 

また、本サイトでは、二児の母であり、二度の出産を経た私の実体験をもとにした葉酸サプリメントのランキングも記載しています。

 

それを絶対的に信用しろとはいいませんが、サプリ選びの参考にしてもらえればと思います。ぜひご自身にベストな葉酸サプリメントを見出して下さいね。

 

忙しいママでも美容には気を使いたいですよね。そんなママの応援サイト