オフィス引っ越しに伴うインターネットの移転準備|システムの課題

オフィス

業務効率と信頼性の向上

社内風景

ファイル転送サービスというのは、企業におけるファイル転送業務を効率的に行うことのできる転送ツールです。従来のファイル転送業務というのは、電子メールで行われます。しかし、電子メールでファイル転送には、大容量ファイル転送が困難であるといった問題点があったのです。電子メールで大容量フィルを転送した場合、受信先はそのファイルのダウンロートに長い時間を掛ける必要がありました。また、タイムアウトエラーによりダウンロードが失敗してしまう、といったことも多々発生していたのです。そのため、企業におけるビジネスマナーとして、電子メールにて転送するファイルの容量は2MB以内と決められたのです。
ファイル転送サービスでは、大容量ファイルであっても時間を掛けずにダウンロードすることが可能です。送信できる容量についても、GB単位まで可能になっておりファイル転送業務でより大きな容量のファイルを転送できるようになりました。また、同時に複数の相手へ大容量ファイルを転送することもできるので、その作業効率も大きく向上しているのです。一つ一つの転送経路が暗号化することで不正アクセスを防止するなど、そのセキュリティ性も高いものとなっています。そのため、機密性の高いファイルの転送も安心して行えるようになりました。企業間の情報共有においても、信頼性あるやり取りが可能となるでしょう。ファイル転送サービスを利用することで、企業は業務効率の向上を実現できるだけでなく、信頼性も高いものにできるのです。